ヌードスクールを終えた雛形ちゃんは、お酒を飲んだ後丸裸になって、痴漢という叫んだそうです。

今もアート大学系のメニューに、ヌード実践があるか何とかわかりませんが、私の学生時代には夏休み期間中に絵、彫塑のセミナーではじめ週のヌード実践が行われていました。都内の雛形オフィスから派遣されてきた女性が、素っ裸で学徒の前に立ったり横になったり行う。無論のぼり中休みを無休に積み重ねるわけではありません。時を区切って行われます。おや、熟練ですなと感じさせることがありました。ガウンのまとい奴、脱ぎ奴だ。洗練されたその動きに見とれたものです。はじめ週の実践は極めて長く感じたものです。実践止め太陽に指令が思いを利かせて「お疲れ様会」を変わりました。セミナーの待合室で開かれたのですがどうしても盛り上がって酒類もいつの間にかなくなってしまいました。こういう打ち上げに参加していた雛形さんは両者でした。二次会に行こうという近くの焼き鳥屋さんに行ったみたいでした。あたしはお酒にないのでなので持ち上げました。あした指令が話しました。前日はあれから大変だったんだよって。指令の話によるとおとなしかった奴の雛形さんが「酒乱」だったというのです。何かポイントがあったのかもしれませんし、元々酒乱だったのか、そこは分かりません。彼がとった動向はこうだったようです。焼き鳥屋で、ぐてんぐてんに酔っ払った。指令は介抱しながら雛形さんの宿舎に送っていこうとした。そうなると雛形さんは大通りに出たところで素っ裸になって、大声で叫んです「痴漢よー、痴漢よー」という。あわてた指令は彼の衣服をまとめて、止めたタクシーに彼を押し込み、行先を報じた。こういうことだったそうです。そうして指令は言いました。こんなことはついにだと。ママのめぐみ公式サイト